イベント

松阪図書館2024年1月特集コーナー

開催期間:2024年1月 5日~2024年1月25日

2024年1月一般特集

2024年1月一般特集「源氏物語の魅力に迫る!」

今年の大河ドラマの主人公は紫式部です。
平安時代中期、紫式部によって創作された「源氏物語」は、後世の文学に多大な影響を与えた作品です。主人公の栄華と苦悩を描き、平安貴族の憂愁が感じられます。図書館では多くの作家が手がけた現代語訳も取り揃えてますので読み比べるのも面白いですよ。
艶やかで美しい平安文化と「源氏物語」の世界を楽しみましょう。


2024年1月児童特集

2024年1月児童特集「ボクニ キミニ」

昨年、文化通信社が開催した「こどものための100冊2023」キャンペーン。
未来を担うこどもたちのために、スポーツ選手や俳優など、子育てをしながら活躍する人々が選んだ本を紹介しています。
みんなの知っている人がどんな本を選んでいるか、探して読んでみませんか。


2024あくたがわなおき

第170回芥川賞直木賞受賞本コーナー

1月17日第170回芥川賞直木賞の受賞者が発表されましたので一般特集コーナーに受賞本コーナーを設置しました。ぜひご利用ください。

第170回芥川賞『東京都同情塔』九段理江(『新潮』2023年12月号)

【九段理江さん経歴】
1990年埼玉県生まれ。第126回文學界新人賞受賞。ほかの著書に『Schoolgirl』

第170回直木賞『ともぐい』河﨑秋子 新潮社(Fカ)

【河﨑秋子さん経歴】
北海道別海町生まれ。『颶風の王』で三浦綾子文学賞、JRA賞馬事文化賞、『肉弾』で大藪春彦賞、『土に贖う』で新田次郎文学賞受賞。ほかの著書に『絞め殺しの樹』、『鳩護』など。

第170回直木賞『八月の御所グラウンド』 万城目学 文藝春秋(Fマ)

【万城目学さん経歴】
大阪府生まれ。京都大学法学部卒業。『鴨川ホルモー』でボイルドエッグズ新人賞を受賞しデビュー。ほかの著書に『鹿男あをによし』『プリンセス・トヨトミ』など。


和歌山静子さん追悼

和歌山静子さん追悼コーナー

和歌山静子さんが1月8日にお亡くなりになりました。当館の蔵書から和歌山静子さんをしのびたく、追悼コーナーを絵本コーナーに設置しましたのでぜひご利用ください。

【和歌山静子さん経歴】
1940年生まれ。絵本、紙芝居、さし絵、赤ちゃん絵本などを手がける。作品に『王さま』シリーズ、『おかあさんとみる性の本』『ぼくのはなし』『おーい、はーい』など。

TOP